プログラム

生月

この地域のプログラム一覧

平戸島のさらに西に位置する生月島は平地のない山がちの島です。最近合併により平戸市生月町となりました。1991年に平戸島との間に長さ960mの生月大橋が架かり、平戸大橋を経由して九州本土と陸路でつながりました。
 生月島では16世紀に領主の籠手田(こてだ)氏がキリスト教に入信したため、島民もほとんどキリシタンになりました。その後禁教令が敷かれ厳しい弾圧、処刑が行われ殉教の島となりました。信者達はその後も信仰を守って隠れキリシタンとなり当時の信仰を宗教改革等の洗礼を受けることなくそのままの状態で今に伝えています。産業は、棚田を利用した稲作や黒毛和牛繁殖、大型定置網漁業や一本釣りが盛んです。秋には島の周囲でトビウオ漁が行われ、大型遠洋旋網漁船団の一大基地でもあります。

インストラクターってこんな人

絶景の中、農漁業関連で生計を立てる人や釣りを生き甲斐としている人、遠洋旋網漁船などの船乗りの家庭を守る主婦などがインストラクターです。東アジアや世界の海をまたいで生きてきた人々が指導します。

集合場所:道の駅 生月大橋(平戸市生月町南免4375-1)  
漁村民泊体験

海の恵みに育まれた漁村の暮らしを体験します。日常とは異なる島の生活を体験し、夕食や朝食を一緒に作って、漁村の料理(食文化)を学びます。少子化の中で、日頃学ぶ機会の少ない家族の役割分担や思いやりの大切さを漁村ステイを通じて知っていただきます。漁村の家族になりきり、心地よい人間関係や信頼関係を築く喜びを経験し、第二の故郷を作ってください。

実施地域
  • 鹿町小佐々
  • 志々伎
  • 中平戸
  • 生月
  • 大島
  • 田平
  • 鷹島
  • 今福
  • 星鹿
  • 青島
船釣り

沿岸に住む魚の習性に合った仕掛けを学び、魚との駆け引きを楽しみます。また、他のプログラムと異なり心身の癒しも目的としています。ゆったりした自然とのふれあいを通じてその大切さや心地よさを存分に味合う機会としてご利用ください。時期により釣れる魚は様々ですが、主にカサゴ、ベラ、アイナメ、アジなどが釣れます。
(修学旅行以外の方は5月連休明け~6月中旬を除きます。)

実施地域
  • 志々伎
  • 生月
  • 大島
  • 田平
  • 鷹島
  • 今福
  • 星鹿
  • 青島
別のプログラムを検索する